CHECK

家族婚を成功させるために!費用から食事会・ゲストに関する知識までお役立ち情報を解説

当サイトは家族婚を成功させるために知っておきたい、費用から食事会・ゲストに関する知識までお役立ち情報を解説しています。
大切な家族と一緒に素敵なウェディングをしたい人におすすめです。
家族のみの結婚式に向いている会場を探す方法も、このサイトを読めば知ることができるでしょう。
さらに家族のみの結婚式のプラン選びの比較ポイントも解説してるので、きっと役立ちます。
大切な結婚式の成功を目指すのなら目を通すと良いです。

家族婚を成功させるために!費用から食事会・ゲストに関する知識までお役立ち情報を解説

近年人気の家族婚を使用かと検討している人は多いのではないでしょうか。
基本的に家族のみを招待する小規模な結婚式ですが、身内だからといって適当にしてしまっては、思うように成功させられなかったということにもなりかねないです。
そのようなことから家族婚をするときにはまず情報を仕入れておくことをおすすめします。
そうすれば予算内で納得の内容の挙式・披露宴をすることができるようになるはずです。
一生に一度の結婚式にはしっかり準備をしたいものです。

家族婚の費用の相場とプラン内容の例

会う機会が少なくなった懐かしい人と再会でき、関係を末永く円満に保つために役立つ結婚式を小規模にしたいけれどどのようなサービスを選べば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、自分たちにあった家族婚のプランを選んで利用するのがお勧めです。
一般的に家族婚は30名以下くらいの規模のものを指していることが多いですが、それ以上の人数ですることができる場合もあります。
費用は人数規模やプランの内容によって異なるため、一概にいくらということはできません。
とはいえ専門式場を利用して家族婚をする際の一例を挙げると、新郎新婦と両家の親たちだけを招待して挙式と会食をする場合には、23万円ほどですることができることもあります。
挙式には衣装や写真代、会食には飲食や会場・サービス料なども含まれています。
これが新郎新婦に両家の両親・兄弟姉妹を招待しておよそ10名ほどになる場合には、29万円ほどになることもあるようです。

家族婚の食事会の会場に利用できる場所の種類

大切な結婚式は温かみのあるアットホームなウェディングをしたいという人は多いのではないでしょうか。
そのような人に人気の家族婚は、挙式のみを家族とともに済ませて終わりにすることもあります。
しかしせっかく集まったのだからと、挙式後に食事会をするケースは少なくありません。
家族婚の後に会食や披露宴を開く場合に利用するのに適した会場には様々なところがありますので、新郎新婦や家族たちの好みに合わせて選ぶことをおすすめします。
場所の一例には専門の結婚式場やホテルのバンケットルーム、またレストランやゲストハウスなどが挙げられます。
これらは家族婚プランとして提供されていて、挙式とセットで利用することができることも多いです。
挙式を自分たちで別にする場合でも、少人数の披露宴や家族のみの食事会だけで利用することができる施設を利用することで挙式後の会食だけ別途手配することもできます。
新郎新婦や家族の意向を確認し、希望に合うスタイルで家族婚をするのがお勧めです。

家族婚に参列するのは家族だけ?友人も招待できる?

新郎新婦の家族を中心に少人数でおこなう家族婚をしたいけれど、友人を招待することはできないのかという疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
家族、という言葉が付く結婚式であるため新郎新婦のファミリーのみが参列できる結婚式というイメージを持たれることが多いかもしれません。
確かに家族婚は新郎新婦の両親や兄弟姉妹、祖父母などを招いておこなうことの多い結婚式です。
しかし必ずしも血縁でなくてはならないなどの明確な決まりがあるわけではありません。
そのため、実際のところは誰を招待しても良いのが家族婚です。
とはいえ挙式を神前式でするときには、友達は参列できなかったり会場に入ることができても親族がお神酒を飲み干す儀式には参加することが出来なかったりすることがあるため注意が必要です。
それ以外には家族婚の挙式や披露宴・会食などにも、家族や親族と一緒に友人も参加することができます。
大切な友達も招きたい場合にも安心です。

家族婚の一般的なゲスト人数はどのくらい?

両家や親族が今後も円満な関係を保つために役立つ結婚式を小規模におこないたいため家族婚をすることを検討しているけれど、ゲスト人数はどのくらいが適当なのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
家族という言葉が名称についているため家族のみしか参列できないと思われがちですが、必ずしも家族だけというわけではなく親しい友人を招くことができるのが家族婚です。
そのため招待する人数も、それぞれのケースによって異なっています。
とはいえ一般的には30名を超えない規模のものを家族婚と呼ぶことが多いです。
また様々な結婚式場やホテル、ウェディング対応のレストランなどが家族婚のプランを打ち出していますが、10名以下で利用することができるというものもあります。
少ない場合では6名ほどから利用することもあるようです。
このようにゲスト人数は特に決まっていないものの、大抵10名以下から多くても30名くらいまでです。

家族婚はリゾート地でするのもおすすめ

新郎新婦の家族を集めて家族婚をするなら、思い出に残るようなイベントにしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのようなときには、観光も楽しめるリゾート地に出かけて挙式や披露宴をするのも良いかも知れません。リゾートウェディングに憧れがあっても、一般のゲストも招待する結婚式の場合には実現が難しいことも多いものですが、家族のみを招待する家族婚なら旅行先でも結婚式をしやすくなるはずです。
家族婚をするエリアも、新郎新婦や家族の希望に合わせて自由に決めることができます。国内も良いですが、海外の観光地でおこなうのも良いかも知れません。
その地ならではの衣装を着てウェディングをしたり、海が見えるチャペルで挙式をしたりすると非日常の雰囲気を満喫することができるでしょう。
新婚旅行・家族旅行を兼ねてでかけると、思い出作りにもなるので最適です。場所を選ぶときには旅費や日程などを考えて適したところを選ぶのがおすすめです。

家族婚を家族同士が交流しやすい雰囲気にするには

一生の思い出を作ることができるウェディングには小規模な家族婚をしたいけれど、アットホームにするためにはどうしたらよいかと考えている人もいるのではないでしょうか。
新郎新婦にとって身近な家族を招待しておこなう家族婚は、一般的な多くのゲストを招待する結婚式とは異なり互いの距離感が近いのが魅力です。
しかし交流しにくい雰囲気になってしまうと、却って間が持たずに気まずくなってしまうことも考えられます。そのようなことを避けるためにも家族婚は、両家のメンバー同士が自然に会話できる雰囲気づくりをしたり場を盛り上げたりすることが大事です。
そのためには家族婚でも違和感がなく盛り上がる演出や、少人数だからこそできるような演出を取り入れるのが良いでしょう。
例えば結婚式らしさのある入刀セレモニーを小さなケーキでおこなったり、マイクを回して参列者がそれぞれのメンバーを紹介するようにしたりといったことも良いかも知れません。

家族婚は神社での神前式も選択可能?

両家の家族だけを招待して少ない人数でおこなう家族婚をするときには、和風のスタイルの挙式を取り入れたいという人は多いのではないでしょうか。
そのようなときには神社の神殿での神前式を選ぶのがおすすめです。一般的な結婚式よりも小さな規模でおこなう家族婚は、どのような挙式スタイルが可能なのか分からな人もいるかも知れませんがキリスト教式や人前式、それに神前式など通常の結婚式と同様のものを選ぶことができます。
それにもともと神社の挙式は、両家の家族や親族しか参列できないようになっていることが多いです。神社の神殿にはあまり広いスペースがないことが多いうえ、神社の挙式は家と家との結びつきを重視した挙式スタイルだからです。
そういったことから家族婚に適しているといえるでしょう。各地にある神社はもちろん、専門式場やホテルなどに併設されている神殿で挙式することも可能です。
アットホームでありながらもメリハリのある結婚式ができます。

家族婚を記念日にするメリット・デメリット

家族婚を記念日に行う場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メリットの一つは、結婚した日を忘れにくいという点です。結婚した日は年月が経つほど忘れやすいもの。
しかし、何かしら特別な日であれば、毎年容易に思い出せます。忘れっぽい人ほど特別な日に結婚式を行うのが良いでしょう。
祝日や祭日に家族婚をすると、毎年家族でお祝いできます。毎年休日になる日を選べば、家族でゆっくり過ごせるのが魅力です。一方、結婚式の日取りによっては、ゲストにとって迷惑になるというデメリットがあります。
ゲストにとって思い入れのある日だった場合、結婚式に出席するのが負担になります。また記念日にこだわるあまり、平日に結婚式を挙げる可能性も考えられます。
平日に結婚式をすると、ゲストの数が限られる家族婚であっても人が集まらないかもしれません。
家族婚の日取りを決める際は、事前にゲストにその日で大丈夫かどうか確認することをおすすめします。

家族婚を成功させるためのアドバイス

新郎新婦の大切な家族を招待して両家の人たちに結婚の報告をしつつ交流を深められる結婚式をしたいけれど、家族婚の経験がないので成功させられるか不安だという人もいるのではないでしょうか。
新郎新婦や両親、兄弟姉妹などにとって満足感のある素敵な小規模ウェディングをするためにはアットホームで温かみのある家族婚ならではの演出を取り入れるのがおすすめです。
一般的な規模の結婚式ではなく、せっかく家族のみの結婚式をするのであれば少人数だからこそできるような演出を取り入れるほうがメリットがあります。例えば両家の家族を互いに紹介して交流しやすくしたり、一緒に参加して楽しめる演出をするのも良いかも知れません。リラックスできるのが身近な家族のみの結婚式の良い点ですが、両親への感謝の手紙や将来に対する新郎新婦の誓いの言葉などを発表することで、メリハリのある良い家族婚になる可能性が高まります。
さらに写真やビデオで記録しておくと記念にもなります。

家族婚に関する情報サイト
家族婚のお役立ち情報

当サイトは家族婚を成功させるために知っておきたい、費用から食事会・ゲストに関する知識までお役立ち情報を解説しています。大切な家族と一緒に素敵なウェディングをしたい人におすすめです。家族のみの結婚式に向いている会場を探す方法も、このサイトを読めば知ることができるでしょう。さらに家族のみの結婚式のプラン選びの比較ポイントも解説してるので、きっと役立ちます。大切な結婚式の成功を目指すのなら目を通すと良いです。

Search